2018.6.30 発表会の合同練習会

昨日は、麻生市民館 大会議室にて、発表会の合同練習会を行いました。

スタジオを抜け出して、広いスペースでの通し稽古です。

午前中は、第2部のHipHop教室の稽古でした。

今回初ゲストの”JUNIOR”さんもお越し頂き、生徒達と合わせを行いました。cajonの生音が響くと、生徒の表情が引き締まり、ちょっぴり緊張気味ながらも楽しそうに踊っていました。”JUNIOR”さんの奏でる音には、やさしさが込められているように感じました。もちろんHipHopのリズムですので、カッコイイです!!

また、各クラスの生徒達は、広くなった場所の感覚をつかみながら、元気に踊っていました。年々上達してくる生徒を見ると本当に嬉しいです。

AYAKA先生の指導の賜物ですね!

 

午後は、モダンバレエ教室の稽古をしました。

第3部の創作舞踊から行いました。

今回は、たくさん大道具や小道具を使うので進行に頭を使います。ただ、私もダンサーとして出演の出番が多いので、道具の出し入れは、クラシックバレエの平川先生にお願いしました。平川先生は、本当によく機転が利きますので、信頼出来ます。色々とアドバイスを頂きましたので、昨日の改善点を本番までに直したいと思います。

作品をより良くするために、私と観る視点が違う人が隣にいることが嬉しいです。

頑張るぞ!!

 

休憩を挟んで、第1部の小作品の稽古です。

pianoの菅原さん、fagottoの二宮さん、celloの高橋さんにもお越し頂き 私と平川先生のデュエット練習から始まりました。

演奏は、前回スタジオで合わせを行った時よりも、2回目は一つになっていました。流石です。

しかし、私はソロの部分でステップを間違えたり、肝心なところでカウントを見失い・・・・「あぁ 駄目だと」口に出してしまう始末で、当たり前ですが、平川先生に怒られました(汗)

友人だからこそ、きちんと言ってくれますね!Thank you~

振り確認を入れながら3回通しで踊り、3回目は無事に踊りきりました。まだまだ表現の部分で磨きをかけないといけませんが、限られた稽古時間でより良い作品に仕上げたいと思います。

さてそれから、30分間待機していた生徒達がやっとプログラム順に稽古開始です。スペースが広くなり、課題が良く見えてきました。

次回の稽古で修正していきますが、それでもソロでの踊り、デュエットでの踊りと、きちんとお観せ出来るレベルです!

それぞれ、個性が良く出ている作品で、通してみると見応えがあります♪

 

本番まであと15日・・・・頑張るぞ!!!!!